男性スタッフ7 フローズン

カゴ台車を押す男性スタッフ7
安全第一が身に染みついて、
私生活でも安全運転に
前職はタバコのルート配送です。お店への営業や自動販売機への補充をしていたのですが、タスポができてからタバコの自動販売機自体が減り、それに伴って私の仕事も減ってきました。収入も減ってどうしようかと思い、中高年も募集している求人をさがしました。中高年になると求人も少なく、不安になることもありましたが、そんな時、知人からセブン-イレブン店舗向けのドライバーの求人を紹介していただきました。中高年の採用枠があったため、正社員として入社に至りました。タバコはバンかワゴンで納品していたので、トラックは初めて。大型免許がいるようなサイズではないので、「車の運転ができれば大丈夫」と言われていたのですが、入社前に求人内容を見ながら、不安を感じていました。セブン-イレブン店舗向けのドライバーをする前は、自分が運転するクルマの前にトラックがいると「追い越したいな」と思ったものです。しかし、セブン-イレブン店舗向けの配送ドライバーになり、先輩から「万が一遅れてしまっても、安全第一」と聞かされて法定速度で走る理由が分かりました。プロのドライバーとして事故だけは起こしてはいけない。その気持ちが、徹底した安全運転につながっていたのです。仕事中はこれを肝に銘じて走っているため、普段でも安全運転が習慣になり、プライベートも無事故無違反が続いています。今は運転にも慣れましたが、だからといって決して気を緩めてはいけないと強く自戒しています。法定速度を守ることはもちろん、大きな車は死角も多いので、交差点を曲がる時に巻き込み事故を起こさないように確認、バックの際には窓やドアを開けて確認と、いつも丁寧にチェックすることを心掛けています。
トラックに乗車する男性スタッフ7
自分で学ぶこと、
人に教えることで学ぶこと
タバコのルート配送は、大まかな納品時間は決まっていたのですが、成り行きで前後してもお客様に叱られるようなことはありませんでした。しかし、セブン‐イレブンは違います。納品時間がきちんと決まっており、店舗が混雑する時間帯には納品しないなどの気遣いも必要です。慣れるまでに2、3年はかかったと思います。経験を重ねるにしたがって、後輩の指導もしてほしいと言われるようになります。求人を通して新しく入ってきたドライバーに道を教えるために、いつも担当しているコース以外の道も覚えるように努めました。余裕がある時に、他のドライバーのクルマに同乗させてもらって、いろいろな道を回りました。セブン‐イレブンの店舗が増えるとコースが変わることもあるので、全部を覚えることは難しいですが、今ではかなり多くの道をマスターできました。新人ドライバーの方たちは、中高年から若手まで年齢層もさまざまです。先輩として道だけではなく、作業の仕方を教える機会も増えてきました。自分も不慣れな頃は、時間に追われてアタフタしていたので新人さんが慌てる気持ちがよくわかります。最初のうちは段取りが悪いので作業に手間がかかります。すると、だんだん時間が押してしまい、焦って間違えてしまうのです。それをリカバーするために、さらに余計な手間がかかります。こういう悪循環になることは、嫌というほど経験済みです。遅れはセンターに連絡すれば、対処法があります。それよりも誤配をしてしまう方が、大きく時間をロスします。ですから、台車に乗せて最後に確認する10秒、20秒を大切にしなさいと、新人ドライバーには話すようにしています。人に教えることで、自分の作業のやり方を見直し、それによって覚えていくことも多いと最近では思っています。
トラックを洗浄する男性スタッフ7
代走、特別便、管理業務に掃除まで。
業務範囲は広い
複数のコースを覚えているため、今では欠勤者が出た際の代走の仕事もしています。また、積みきれなかった荷物を、複数のコースに分散している店舗に納品する特別便の仕事も多いですね。代走や特別便が必要ない時には、事務所で出勤簿や配車状況の確認など運行管理の業務をしています。私たちのセンターはアイスを運ぶトラックもあるので、庫内温度の管理は大切です。出発前に庫内温度を測り、規定の温度よりも高ければ霜取りをするようにドライバーに指示を出したり、故障の疑いがある時には修理を含めて対処したりします。庫内温度は、配送中でも車載端末からセンターのパソコンに送られてくるので、温度が上がっているようなら無線で「早めにドアを閉めてください」「故障していないか確認してください」などの指示を出します。商品の品質を守るために、夏場はとくに温度管理に気を使います。積み込みの補助、トラブル対応、車庫内のクルマの並べ替え、夜勤のドライバーたちのために庫内の冷却、外の掃除など、業務内容は幅広いです。とにかく何でもやりますね(笑)。中高年とはいえ体力はありますから、若いドライバーたちにはまだまだ負けません。どんな仕事も大変だと思いますが、スタッフ同士の人間関係がよければ、余計なストレスは感じずにすみます。うちの配送センターは、中高年だろうと若手だろうと、老若男女問わず昔から働きやすいのが特徴です。私も管理をする側になったので、すでにドライバーとして働いている方はもちろん、これから求人を通して入社される新人ドライバーの方のために、今後もよりよい職場環境作りに尽力していきたいと思っています。

※2015年10月時点の情報を元に作成しております。